ちょっと学習・音声医学

6.声と健康 その1 変声期障害

声はその時々の健康状態によって左右されます。しばらくこの二つの関連についてお伝えして
いきます。

まずは喉や声に関連する病気について少しご説明いたします。

[変声期障害]

思春期14~15歳の男の子の口頭は急激に発育し、それによって声帯が長くなり声が低く
なります。これがいわゆる「声変わり」で、普通約1オクターブくらい低くなります。ところが、
数ヶ月から1年くらいの間の変声期を過ぎても、弱々しく女性のように高い声のままの状態が
起こることがあり、これを「変声期障害」と言います。喉頭を手で押し下げて発声する練習で治癒
します。ただ変声期にあまり喉に負担をかけるようなことは控えたほうが良さそうです。