ちょっと学習・音声医学

5.酸素について

さて、私たちが生きていく上で、「なくてはならない」酸素ですが、地球が誕生した時にはすでに
酸素は存在していたのでしょうか?

生まれたばかりの地球
46億年前、生まれたばかりの地球は岩石が溶けたマグマが地表を覆い、原始大気と呼ばれる
蒸気、窒素、二酸化炭素などのガスでできた大気が空を覆っていました。一億年後には冷え始めた
地球に大気中に含まれていた水蒸気が雨となって降り注ぎ、原始の海ができたのです。

原始の海
この原始の海は、現在の海とは異なり、人間にとっては猛毒のシアン化水素、青酸カリが含まれて
いました。その後、地表からカルシウム、マグネシウム、鉄、ナトリウムなどが溶けて海に流れ
出ました。6億年が経ち海底火山の爆発で出た硫化水素を取り入れていた単純なバクテリア
(嫌気性細菌)がいましたが、彼らにとって酸素は猛毒でした。

光合成をおこなう生物
その後、さらに5億年が経ち、大気から二酸化炭素が海に吸収されて太陽の光がどんどん届く
ようになると、光合成を行う生物が誕生しました。

ラン藻です。

ラン藻が繁栄し続けたので、海の中の酸素も飽和状態となり、大気中に出てきました。ラン藻の
光合成によって海水中の酸素濃度が高くなると、酸素呼吸を行う好気性細菌も誕生しました。
硫化水素より酸素を利用した活動の方が大量のエネルギーを得ることができるので(硫化水素の
20倍)、酸素を利用するバクテリアの活動により地球に酸素が増えていきました。

生まれたばかりの地球は今の地球とは全く様子が違っていたわけです。